Menu

会社紹介

青豆裕子ってどんな人?

1964年11月28日 岐阜県飛騨市生まれ
上向きの鼻がトレードマークな健康的な赤ちゃんでした。

趣味はカラオケで、十八番はハクション大魔王というかなり3枚目路線です。

幼稚園時代はウルトラマンタロウになることが夢で、将来は強くなって地球を救いたいと思っていました。実は「タロウ」という意味が、ウルトラマンの光の国では「勇気を持ち正義を愛する者」だということを大人になって知り、人を救いたいという今の自分の想いと重なりました。

小学生になり母親を毎日のようにマッサージしていると、いつのまにか気持ちよくて眠ってしまう母の姿を見て、もっと身体を楽にしてあげたいと思うようになりました。頭の先から足までくまなく触れて、疲れている母の身体に効くツボを覚えていきました。目を閉じていても、どこが楽になる箇所なのかが判るくらい、毎日のように母の身体を揉んであげました。

この経験が、のちの私の原点となりました。

幼少期1 幼少期2

美容の世界に入ったのは25歳の時。離婚をきっかけに、シングルマザーとして生計をたてるために選んだ仕事が、 あるメーカーの化粧品販売でした。この仕事が人を綺麗にすることの楽しさを覚えた美容のスタート地点です。

26歳で美容の総合商社に入り、そこから11年間席を置き、全国47都道府県の営業・販売活動・講師・スタッフ育成・司会など、何でもこなせるように様々な分野で経験を積みました。 今振り返るとこの時の11年間はほぼ休むことなく夜中まで仕事をし、シングルマザーとして子育てとの両立が一番辛い時期でした。 小学生の子供ふたりだけを残して出張に行く日々、熱があっても看病に帰れない、学校の行事にも行ってあげられない・・・・・
子供たちを育て上げることだけを目標に、ただただがむしゃらに仕事をしてきた年月でした。子供たちが大きくなって、本人が選択する道に進めるように、必死でお金を貯めました。

長女がまもなく大学を卒業するころ、投資話とマンション販売の2件の詐欺に遭いました。 合わせて数千万円という私にとってとても大きな金額でしたが、これから先落ち着いて生活するためにと決断して支払いをしました。 ところが購入したマンションに住み始めたものの、それが詐欺物件だということが発覚し、目の前が真っ暗になり泣き崩れてしまいました。 そしてマンションが競売され、即刻退去勧告・・・・・

長男夫婦に全ての家財道具を譲り渡し、当時9歳の次男とともに自分の身の回りのものだけを持って引越し、無一文からの生活がスタートしました。 カーテンもない、箸の1本すらなく、もちろん電化製品など何もありませんでした。ダンボールをテーブル代わりにし、ひとつひとつ家財道具を揃える日々・・・・・
悔しかったけれど、次男がそばにいてくれることを心の糧に、自分のこれまでの経験を活かしその後、美容メーカーのプロデュースや、新規事業立ち上げのコンサルなど、 数社の依頼をこなし必死で生計を立て直してきました。

そして無一文から4年後、現在の会社 株式会社Star’Q(スターク)を設立しました。

その後、テレビの通販番組に2年間ゲストとして出演させて頂くなど、色々な方との関わりの中でさらに学びを頂きました。

そして平成26年に、私が心の底からやりたいことが明確になり、健康と美容を兼ね備えた「第3のエステ」となる「深部リカバリー」®を開発いたしました。

現在は深部リカバリー専門のサロン「Anela」を経営。この技術を活かし、 深部リカバリーの技術講師として研修を運営し、全国に導入店を展開しています。

これまでの子供の頃からの想いや、すべての経験を礎として、夢を形にしていきたいと思います。

青豆裕子青豆裕子