Menu

会社紹介

青豆裕子の夢

「50歳を元気にする!世の中の50歳以上の人たちが、
自力歩行で人生を全うできますように」

2020年東京オリンピックを迎える年に、日本の人口の約半数が50歳以上だという統計が出ています。もちろん私もそのひとりです。

現在、腰痛に悩んでいる人が約2、800万人と言われ、4人にひとりが腰に痛みかかえています。なかでも40~60代が一番多く、腰痛の原因は全体の8割が病名のつかない原因不明の痛みだと言われています。また、膝の痛み、肩こり、頭痛など、現代社会で痛みを感じながら生活する人はとても多いのです。

実は私も痛みを抱えてきた一人で、小学6年の時から、中学2年、高校2年と3度に亘り左足の手術を受け、足首から先の麻痺、そして左足の著しい筋力の低下で身体の左右のバランスが崩れていきいました。その後、左股関節の強い痛み、椎間板ヘルニアに悩まされ、将来は車椅子になると宣告を受けました。
その後、私は素人ながら独学で自分自身の身体を治すことに専念し、ちゃんと歩ける足を手に入れました。

そしてその経験から思うこと。
人口の半分が50歳以上になる2020年を迎えた時、どれだけの人たちが痛みを抱えているのだろうか。どれだけの人たちが自分の足で歩ける人生を送っていけるのだろうか。

私はそんな人たちのお手伝いができればと、「深部リカバリー」®そして「仙骨リバース」を開発いたしました。

老化とともに衰えていく筋肉
どんどん硬くなり骨格に歪みを作る筋肉

深部リカバリー®は、骨角際や骨格の裏側の届かない筋肉を指先で狙い、奥深い筋肉を柔らかくし、同時に筋膜リリースも行う独自の技術法です。
さらに仙骨リバースは、全身の筋肉を緩和させ、心や身体を穏やかにしてくれる画期的なケア法です。
少しでも痛みを和らげ、心も身体も健やかに生活できるようにという願いを込めて、この技術を世に送り出しました。

たったひとりの力は小さいけれど、この夢に賛同し、この技術を広めてくださる人が少しでも多くなりますように・・・
そして、ひとりでも多くの人にこの技術が届けられ、自分の足で人生を送ることができますように・・・
歩くことの幸せをかみしめて、心が健康でありますように・・・
それが私の夢であり、この技術にたくした心からの願いです。

株式会社Star'Q 代表取締役 青豆裕子

青豆裕子トーク青豆裕子